現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

ヨナナスメーカーレビュー 暑い夏にはヨナナスがオススメ!


f:id:sheepsystem:20170718220334j:plain

夏の暑い時期、アイスを食べたくなりますよね
しかし、アイスは脂肪分が多く、ダイエット時には良くない食べ物です。

でも夏は暑いしアイスを食べたい!!

そんな人にオススメしたい『ヨナナスメーカー』を紹介します!

ヨナナスとは

f:id:sheepsystem:20170718220353j:plain

ヨナナスはフルーツをアイス状にしたものです。
まぁ簡単に言うと、凍らせたバナナを粉砕したもの。

バナナを粉砕と言いましたが、見た目、食感は完全にアイスです。かき氷系ではなく、アイスクリームのような濃厚さと、滑らかさがあり、とても美味しい。

100%バナナなので、過剰な糖分、脂肪分を気にすることなく食べられます。

高カロリーなアイスクリームと置き換えてダイエット!なんてことも出来るので、ヨナナスはかなりオススメです。

ヨナナスメーカー

f:id:sheepsystem:20170718220410j:plain

ヨナナスメーカーは、その名の通り『ヨナナス』を作るための機械です。
果物で有名なDoleが販売しており、ネットで購入することができます。

見た目は、汽車の前面っぽい、割と愛嬌のある形をしています。

上部から果物を入れ、中心の円形の部分の内部にあるノコギリ状の歯で果物を粉砕します。
するとアイス状になった果物(ヨナナス)が出てくる仕組みとなっています。
仕組みはかき氷と似ていますね。

次は、ヨナナスとヨナナスメーカーのメリット、デメリットを紹介します。

メリット

アイスを食べているという罪悪感がない

アイスクリームと同じ食感、濃厚さのヨナナス。味こそ違いますが、ほぼアイスクリームであると言っても過言ではありません。

さらに、果物しか使っていないので、アイスクリームよりもカロリーがとても低い!

アイスクリーム180 kcal

ヨナナス(バナナのみ)86 kcal

(どちらも100gあたり)

なんと約100キロカロリー差もあるんです!

低カロリーということで、ダイエット中でも罪悪感なく食べることができます。

歯の回転は自動

歯の回転はモーターで行うので、手回しかき氷機のように、食べる前に汗だくになるなんてこともありません(笑)

内部が分解できるため洗いやすい

果物が通る部分は分解して洗うことができます。
内部のパーツ構成も4つなので、洗い物に困るということはありません。

価格が安い

ヨナナスメーカー自体の価格は3,000円ほどで購入することが出来ます。(2017年7月現在)
さらに、バナナ3本で100円、アイスクリーム1つ100円と考えれば、3倍もお得です!
経済的な面でもかなりメリットがあると思います。

デメリット

音がうるさい

凍った果物を砕くため、どうしても大きな音が鳴ってしまいます。実際に使ってみないとわからないと思いますが、音の大きさは掃除機並みと思っておくといいでしょう。

ワンランク上のヨナナスメーカーエリートではある程度低減されているとのことです。

ヨナナスが内部に溜まる

一応口から出るようにはなってるんですが、歯の部分にヨナナスが溜まってしまうため、分解してスプーンでかき出してあげないといけません。

たまに、出てきた量よりも溜まってる量の方が多かった、なんてときもあります。

まとめ

『アイスクリームが食べたいけどカロリーが気になる…』という方にぴったりだと思います!

バナナだけではなく色んなレシピがネットに投稿されているのでそれを参考にしたり、自分で新しいレシピを作ってみたりして、楽しい夏を過ごしましょう!

では('ω')ノ