現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

宗教でストレス溜まり続けるから無宗教になろうと思う


f:id:sheepsystem:20171007180124j:plain

どうも、家の宗教に縛り付けられているあきよしです。

宗教を大事にしている家に生まれると、何かとそれ関係の用事が入ってくるんですよね。

お墓参り行くのはわかります。

だけど、やたらお寺の本尊にお参りに行ったり、行事でたり、勝手になんかの役員にされてたり

これが、めちゃめちゃめんどくさいし、なんと言ってもストレス溜まる

最近宗教というものが心の底から嫌いになってきたので、嫌いな理由をここにまとめる

※自分の宗教に対しての所見です。全ての宗教が今回書くようなものではありません。

そもそも宗教が信じられない

宗祖のエピソードがありえへん

宗教には宗祖(宗を開いた人)という存在が必ずいます。

たいていは神の声の代弁者なんですが、エピソードに不信感しかない

『病気の人の患部に手を当てたら完治した』とか、『声をかけたら枯れた花も元気になった』とか、『その人の言う通りにしたら幸せが訪れた』とか

ん〜!ありえへん!!ヽ(゚∀゚)ノ

ってなるエピソードばっかり。

大体そんなエピソードあったら教科書とかにも載ってないとおかしい。

現実的にありえないエピソードをつらつら並べられて信じろって方がおかしいと思う。

宗教を流行らせるための捏造やと思った方が納得できるレベル

本当に気になったから、それってほんまなんですか?ってお寺の人に聞いたら、
『僕はそう聞いたんやけどな〜』って。

絶対嘘やんけ〜、嘘言う時の話し始めやん

もぅマヂ無理。

非現実的な効果に期待するしかない

僕にガンかもしれない腫瘍が見つかった時、やたらとお寺に連れていかれた。

教祖に患部をさすられたり、鈴を頭の上でシャンシャンされたり、本尊の前でお経唱えさせられまくったり、挙句の果てには病室でもお経を唱えられる始末

効果もあるか分からないようなことを無限にさせられました。

東洋医学も少し非現実的なところがありますがそんなレベルじゃない。

こんなん絶対効果ないやろと思うことばっかり。できるんやったら科学的に説明してくれ

しかも、そんなことに時間を取られ続けるので正直ストレス溜まりまくりでした。

心配する親の気持ちは嬉しいけど、
『病人に何ストレス溜めとんねーん(ºωº)』
って心の中で言いまくってた。

何かを無駄に消費してる感が大きい

やたら恩着せがましい

 腫瘍切除の手術が終わり、診断の結果『良性』とわかった瞬間からそれは始まりました。

『一生懸命祈ったおかげ』『ご宗祖様が助けてくれはった』

んなことあるか〜

もしガンなってたら何て言うつもりやってん

いや、僕にはわかる。『これは試練や』

信者を助ける言葉をかけてるようで、実は自己肯定してる

ほんまにキッついっすわ。

挙句の果てに家族からは、『あんた助けてもらったんやからご奉公やと思って行事出なさい。』

行事に出ることを強要してくるんですね。

何でそんなに宗教のおかげにしたがるんですかね。

この言葉を思い出しただけでもしんどい。精神の異常消費警報でてますわ

お金かかりまくり

意味わからん木の札、教祖によるシャンシャン鈴タイム、謎水

こんなもんにお金をかける意味がわからん。

絵馬とかお守りとかはそんなにお金かからんし、イベントみたいなもんやしでまぁわかる。

やけどこれはなんや?楽しさ嬉しさもないから修行か?

てかお賽銭自体お金を捨てるための修行らしいのでその延長線何でしょうね。

行事も交通費が出るわけでもないし完全ボランティア

意味わからんもんにかけかけるにしてはかかりすぎてます。恐らくですが、月3,4万ぐらい

投資でも趣味でもない、お金を払ってやる修行です。
ほんとにこんなことにお金をかけるのは無駄やと思う。

さいごに

宗教の肩入れ度合いは家によって違います。軽いところもあります。
でも僕の家は深すぎる。

こんなことこの先したくもないし、将来できるであろう嫁や子供にもさせたくない

お墓参りや初詣ぐらいで十分です。

宗教に囚われすぎずにもっと有効的にお金や時間を使うことができるはずだと僕は思います。

ということで今度離宗して無宗教になろうと思います。

では('ω')ノ