現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

超簡単!メルカリで商品を良く見せるための撮影画像編集方法を紹介!

f:id:sheepsystem:20170827171537j:plain

メルカリやらフリルやらが流行っていますね。

社会問題もありましたが、要らないものを売る場としてはかなり優秀です。

街の古着屋さん、中古ショップで売るよりも高い売値が付くので、使っている人も多いこのアプリ

自分もいざ、出品しようと商品画像を撮影すると、

『なんじゃこの写真、購入したいと思う人絶対おらんやろ〜(~Q~;)』

と、売れそうにない写真になってしまうことは多いかと思います。

そんな人向けに、商品画像を激的に良くする方法を紹介します!

下準備

まず導入して欲しいのは

写真の露出光とコントラストを編集出来るソフトです!

パソコンならこちら

webブラウザ版はインストール不要でおすすめです!

Pixlr Web Apps

スマホならこちら

LINEカメラのリンク

android

Google Play で手に入れよう

ios

 

用意できたら次ステップへ☞

写真の撮影方法

商品写真で最もだめな例

それは商品以外が写り込んでしまっているものです!

例えばこんな感じで

f:id:sheepsystem:20170829200634j:plain

ちょっと過剰にしてしまいましたが、見たことありますよね?
いくら個人取引とはいえ、写真適当に撮られてるな〜 なんか微妙と思わざるを得ない写真になってしまっています。

まずはこれに気を付けて写真を撮りましょう

じゃあどうやって写真撮ればいいの?という方にオススメなのが、
机+壁際ポジションでの撮影です。

とても簡単に用意できるので、手間を掛けずにいい感じの写真が撮影できます。

さらに、白い模造紙を壁、机に貼り付けるだけで撮影スペースが完成します。

↓こんな感じで

f:id:sheepsystem:20170829200644j:plain

壁に貼り付けているのは白い模造紙
これは100均で買えます。つまり...

100円で撮影スペースが作れる!
これは安くて負担にもならないのでかなりいいと思います。

さて、撮影スペースを見せただけではこんなの作る意味あるん?と思っているでしょう。

さっそく撮影してみましょう。

f:id:sheepsystem:20170829200841j:plain

どうですか?かなり良くなってますよね。

ですが、まだまだ微妙な域から出ていません。
この撮影スペース、レフ板やらなんやらの光を調節する道具がなく、暗めの写真になっています。

僕は一眼レフを使っているので、マニュアルで調整すればなんてことありませんが、スマホでの撮影なんかも考慮して今回はオートで撮影しているのでちょっと暗めになっているんですね。

このまま投稿しても、まだ綺麗に見えず正直微妙な商品感が拭えません。

ではどうするかと言うと、画像編集をします。

超簡単画像編集

ここでは、下準備で用意した画像編集ソフトと先ほど使用した商品画像を使います。

今回は、簡単に使えるLINEカメラでその方法を紹介します!

まずはギャラリーから編集したい画像を選択します。

f:id:sheepsystem:20170829201838j:plain

そして、編集画面のこの部分をタップ!

f:id:sheepsystem:20170829201918j:plain

その中の露光を選択します。

f:id:sheepsystem:20170829201938p:plain

後は、+方向に少しだけ移動させると...

f:id:sheepsystem:20170829201948p:plain

めっちゃ綺麗な写真になる!!

f:id:sheepsystem:20170829202059j:plain

やばない?店の写真やん!!

って言いたくなります笑

ちょこっと編集するだけでこんなにも差が出ます!

まとめ

最初

f:id:sheepsystem:20170829200634j:plain

気を付ける点

  • 他のものが映らないようにする
  • 模造紙で撮影スペースを作る
  • 画像編集で露光を少しあげる

編集後

f:id:sheepsystem:20170829202059j:plain

見比べてみても全然違いますよね。どっちのほうが買いたいか?って聞かれたら絶対下の画像でしょう。

模造紙を張ったりするのが面倒な方はこういった撮影ボックスがおすすめです。

 これがあれば、露光編集要らずとなります。頻繁に出品する方は持っていて損はないでしょう。

商品写真には購買意欲を大きく変えてしまうほど影響力があるので、ぜひとも編集してから出品したいところですね。

では('ω')ノ