現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

めちゃめちゃ痛い尿道カテーテルは2度としたくない


f:id:sheepsystem:20171007182032j:plain

尿道カテーテル、思い出したくもない悪魔の響き
尿道カテーテル、人生で一番の痛みを感じた瞬間
尿道カテーテル、それは絶望

思い出したくもなかった尿道カテーテルですが、最近Twitterに流れてた下の記事を見て当時の記憶がよみがえってしまいました。

www.kuro6.com

みなさんもいずれ体験するかもしれないので、少しでもそのときの備えになればと"思い出し痛み"と闘いながら書きました。

尿道カテーテルとは

前立腺肥大あるいは脊髄末梢神経障害麻酔薬剤の影響などで排尿が困難な患者の導尿、手術や絶対安静時の導尿、残尿量の測定などの検査などの目的で使われる寝たきりなどの場合では長期留置の為にバルーン付きのカテーテルが用いられる。カテーテルを留置する必要がなく、膀胱内に貯留した尿を排出後に直ちに抜去する場合はネラトンカテーテルを使用する。

引用:wikipediaより

手術中や、術後の絶対安静状態になるとトイレに行くことが出来ません。
なので、尿道口から細い管(カテーテル)を膀胱に通して、直接おしっこを流し出してしまおうというものです。 

事前説明と尿カテ挿入 

基本的には術前説明で尿カテについても説明されます。

僕の場合は
『麻酔が効いてから挿入→切れる前に抜くという流れなので起きたら抜けてる
ただし、トイレは近くなる、漏れてしまうこともあるので気をつけて下さい』と説明されてました。

尿路結石が痛いとよく聞くので尿カテも絶対痛いと思っていましたが、『麻酔が切れる前に抜いてくれるなら安心や〜』と安心しきってました。

そんなこんなで手術当日、手術台上で麻酔をかけられ、意識が落ちたあとに挿入。

麻酔から覚めると

目が覚めると、絶対安静状態で動けない状態
天井を見上げることしか出来ませんでしたが痛みだけは感じてました。

切ったところの痛みではありません。
カテーテルが入れられているところがめっちゃ痛い(´°_°`)

ずっと痛みがあるわけではないのですが、下半身をちょっとでも動かすと入口からモノの付け根ちょっと手前までに痛みが走ります。

友達がお見舞いに来た時、これ見て元気出せと言われてエロ本を渡されました。

カテーテル装着部分が元気になりかけた瞬間、痛みが増して泣きそうになりましたね。

友達などが見舞いに来るときは絶対にエロ本をもって来させないようにしましょう。

カテーテルを抜く

絶対安静期間が終わると待ち受けているのがカテーテルを抜く作業
さっさと抜いてしまいたいのですが、抜くときがかなり痛いらしいと聞いてたので抜くことにも恐怖を感じていました。

と言っても抜かないわけにはいかないので、ナースに身を任せて抜いてもらおうと思っていたのですが、ここで衝撃の一言が

『怖いんやったら自分で抜いてもいいんですよ~』

『じゃあ抜きます』と反射的に言ってしまい後に引けない状況に…

注射の時どっかつねっておけば痛みが和らぐという言葉を思い出し、玉袋をつねりながら一思いに抜きましたがまぁ痛い

結果的にカテーテルの痛みとつねり麻酔の痛みだけを得てしまいました。

こんな痛み絶対に二度と感じたくない、二度と尿道カテーテルはしたくないと思った瞬間でした。

カテーテルを抜いた直後

なぜかすぐにトイレに行きたくなります。
多分カテーテルで膀胱の筋力が弱まってしまったせいではないかとおもうのですが、

我慢できずに夜中も起きてしまうことがあるので若干寝不足気味になることもあります。

僕みたいに若い方は大丈夫ですが、50代、60代以上の方はおむつを用意しておいたほうが良いかもしれません。

最後に

尿道カテーテルを受けるときに気を付けておきたいことは

  • お見舞いの品にエロ本はNG
  • つねり麻酔は効果なし、すべてナースに任せるが吉
  • トイレがどうしても我慢できない用におむつを用意しておく

つねり麻酔は痛みで痛みを上書きするわけではなく、問題の部分から意識をそらすだけのようですね。

人生で感じた痛みの一位は更新され尿道カテーテルになりました。
原理的には尿路結石と同なので、それにも気を付けていきたいです。

てか尿路結石のほうがとげとげしてて痛そう……

では('ω')ノ