現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

ポチる前に是非見てほしい。スイッチ専用ソフト『ARMS』体験版で感じたことまとめ、製品版ではどうなる!?


f:id:sheepsystem:20171130223541p:plain どうもです('ω')ノ

つい先ほどニンテンドースイッチ専用ソフト『ARMS』の体験会がありましたね。

スプラトゥーンの試射会のように、体験版を遊べる時間が決まっており、

本日(27日)、明日(28日)と9:00~9:59 21:00~21:59 27:00~27:59の間に体験版を楽しむことができます。

たった1時間ですが、やってみた感想、製品版で気になる感想を書いていきます。

操作には慣れと練習が必要

大衆向け、ターゲット年齢層が広めなゲームの割には、なかなかうまく立ち回ることが難しいです。

アーマードコア・ガンダムVSといった対戦ゲーム系に慣れている人は凄く綺麗な立ち回りができると思いますが、そういったゲームの経験がない人は最初、

『子供の喧嘩』

状態になります。

ひたすらノーガードノームーブでパンチを繰り出してしまいます。

これは、少しばかりのチュートリアルが終わるとすぐに対人戦に移行してしまうことが原因だと思います。

練習モードや、もう少し対戦までに操作方法を確認する余裕を持たせてもいいのではと思いました。

そのため、操作方法が理解できていない方相手だと一方的な試合展開になってしまい、どちらも面白さを感じにくくなってしまうのでは?と思いました。

それが恐らくこの試合

https://twitter.com/yamanashirei/status/868282525503836160

一方的過ぎ!!(笑)

殴り合いの対戦ではありませんが、操作をうまく理解している人とまだ、慣れていない人とでかなりの差が生まれてしまっています。

製品版では、もっと深いところまで教えてくれる指南、免許皆伝モードなんかがあると面白いなと思いました。

だんだん慣れてくると白熱した試合が多くなるかと思います。

スマブラ的な楽しさもみられる

1対1だけでなく、多人数戦、チーム戦があります。

格闘ゲームでは1対1がほとんどで、自分の操作の技量ですべてが決まってしまいますが、多人数戦の場合、あまりうまくない人でも勝てるチャンスが生まれます。

技量に関係なくすべてのユーザーに勝つチャンスが生まれるとモチベーションも上がってくるでしょう。

快適な待ち時間

ロード時間、マッチング時間がほとんどありません。

待ち状態ではミニゲーム的なものもありイライラさが全く生まれません。

スプラトゥーンの時もそうでしたが、待ち時間にミニゲームがあるのは良いポイントです。

いいね持ち、コントローラー持ちどっちも楽しい

いいね持ちとは、こんな感じの持ち方。

コントローラーとは違いパンチをボタンではなく、実際に手を動かして操作できます。

身体を実際に動かすとなかなか白熱します。白熱しすぎて筋を痛めてしまうことも…

それぐらい動かすのが楽しいです。

バレーの挙動がたまにおかしい

この動画のようにたまにボールの起動がおかしい時があります。

何もないところで壁にぶつかったような判定がありました。

これは製品版で修正してほしいところですね。

https://twitter.com/xRheinx0923/status/868278511772893184

まだやっていない人はぜひ体験版をダウンロードしてやってみてください。

では('ω'