現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

【サンムーン育成論】ダダリンのことをダダリオと呼んでしまう僕が考えた育成論


f:id:sheepsystem:20171130232328p:plain どうもです。

シングルレートの調子はどうですか?

今回は、あれ?このポケモン今作御三家の草ポケモン超えてね?で有名になった

『ダダリン』

の育成論について書いていきます。

ちなみに僕、ダダリンのことをよくダダリオと言い間違えてしまいます。

はい、それだけです(笑)

ダダリンって?


 

ダダリンは第7世代の新ポケモンになります。

第4の島ポニ島の海の民の村のハガネールの家で、釣りをすることでゲットできます。

しかし、出現率はかなり低いです。

1時間ほど釣りをし続けても出ないこともあります。

ですが、この釣りポイントでは銀の王冠も手に入れることが出来るので、同時に手に入れることができるでしょう。

タイトルにもありました色違いダダリン(下の画像)です。

ダダリンの色違いは藻の部分が、赤色になっているんですね。これは色の違いもはっきりしているので、色厳選にも向いていると思います。

今回は先にステータスを見てもらおうと思います。

タイプ

くさ・ゴースト

種族値(無補正)

通常 HP 70 A 131 B 100 C 86 D 90 S40

特性

『はがねつかい』

 

体重

210.0kg

けたぐり被ダメ120(100.0kg~に属する)

となっています。

基本的な情報についてはこんな感じです。

では、解説に入りますが、

このポケモンの最大の特徴は、特性の

『はがねつかい』

です。

この特性は、鋼タイプの技威力を1.5倍にするという効果を持っています。つまり、鋼技がタイプ一致と同じになるということです。

そのため、攻撃に関しては、草、ゴースト、鋼がタイプ一致となるわけです。

技範囲が広いですね~

今回はこの特性を活かして育成論を考えていきます。

 

育成論.H調整Aぶっぱ物理チョッキ型

ステータスを見るとSが遅く、ABが高い、Hもそこそこある。

非常に使い勝手の良いステータスをしています。

また、技範囲が広いので、

ということで、この型を考えました。

 

性格:いじっぱり

特性:はがねつかい

個体値:31_31_31_x_31_31

努力値:H252 A198 S60

確定技:アンカーショット

    パワーウィップ

    じしん

選択技 シャドークローorいわなだれorかわらわり

持ち物:突撃チョッキ

 

まず、努力値ですが、Sは47族まで(41族36振り)を抜くため調整しています。

選択技ですが、シャドークロー、いわなだれがおすすめです。

攻撃を当てた相手を逃げられなくするアンカーショットですが、一つ気を付けなければいけないことがあります。

この効果はゴーストタイプには通じません。

これだけは気を付けましょう。

以下対面


いじっぱオニシズクモ H252 A148 B68 S36

被ダメ きゅうけつ確定4発 アクアブレイク乱数7発

与ダメ いわなだれ確定2発

ずぶといシロデスナ H252 B252 D6

与ダメ パワーウィップ確定2発 シャドークロー乱数2発(中乱数)

いじっぱグソクムシャ H172 A196 B84 D52 S4

与ダメ いわなだれ確定3発

被ダメ であいがしら確定3発 きゅうけつ確定3発


まとめ


ダダリンを使っているときに気を付けることがもう一つあります。

鋼タイプではないので、弱点やドクに気をつけましょう!!!