現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

【サンムーン育成論】バクフーンはSMとポケモンGOの両方で活躍できるか!?


f:id:sheepsystem:20171130233549p:plain どうもです。

とうとうポケモンGOで第2世代が追加されようとしていますね。

僕は最近ポケモンGOはやっていませんが、GO派の人にとっては、ようやく訪れたビックイベントですね。

ちなみに発表は12月13日午前1:00からの予定となっています。

さて、サンムーンでは島スキャンで、第二世代の御三家

ワニノコチコリータヒノアラシ

を手に入れることができます。

なので、今回はそれに合わせて

第2世代御三家の1匹

ヒノアラシの進化形、ポケモン総選挙720で134位を勝ち取った『バクフーン』

の育成論について書いていきたいと思います。

 

バクフーンって?


画像引用:ポケモンだいすきクラブ ポケモン図鑑

先ほども申し上げた通り、バクフーンは、第2世代の御三家であるヒノアラシの最終進化形です。アニポケ(金銀編)ではサトシの相棒として活躍してました。

なので、馴染みはあるとは思います。

今作では、日曜日にメレメレ島で島スキャンすると、3番通りにヒノアラシが出現します。

メレメレ島ですので、序盤の内からゲットすることができますね。

進化経路は

ヒノアラシ→マグマラシ(LV.14)→バクフーン(LV.36)

となっています。

 

ステータスですが、

タイプ

ほのお

種族値

HP 78 A 84 B 78 C 109 D 85 S 100  合計534

『もうか』

夢特性

もらいび

体重

79.5kg

けたぐり被ダメ80(50.1kg~100.0kgに属する)

となっています。

基本的な情報についてはこんな感じです。

 

育成論:ふんかスカーフ型

バクフーンですが、ふんかスカーフ型にしたいと思います。

理由としては、最後の砦ポケモンとして活躍してもらうためです。

メガハッサムやギルガルド、メガカイロスなどの選出が多くみられてきているので、それにも対応できるようにします。

今回の型は、あまり深く考えずに、バクフーンが使えるのかどうかを測るために作った方になります。

Cぶっぱにしていますが、対面を絞って調整するのもありかもしれません。

(でも、CSぶっぱが安定だと思う)

 

性格:ひかえめ

特性:もうか

個体値:31偶数31_31_31_31

努力値:C252 S252 H6

確定技:ふんか

    めざぱ(ドラゴン)

    きあいだま

選択技:かえんほうしゃ、だいもんじ、じんつうりき

持ち物:こだわりスカーフ

 

基本的にはふんかの使用しか考えていないので、体力を減らされて威力が落ちてしまわないように、Sぶっぱスカーフ持ちにしています。

ふんか以外の技は使えそうなものをある程度選定しておきました。

選択技の、火炎放射、大文字は命中率で選ぶといいでしょう。

めざぱ(ドラゴン)は電気にしてもいいかもしれません。

 

まとめ


運用してみた感想ですが、割といい仕事をしてくれています。

残りバクフーン1体となった時でも、噴火で2体抜きして勝つこともなかなかにあります。

ただし、ふんか以外の技の使用場面はほとんどありませんでした。

ギャラが相手のときぐらいですかね。

スカーフでこだわっているせいもありますが……

前衛のポケモンが耐久型の体力を削り切れなかった時の、最後の砦として運用するのいいと思います。

では。