現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

ポケモンジェネレーションズの日本語版がついに来た!これ見ながら厳選しようぞ

f:id:sheepsystem:20170313194131j:plain どうもです。

今回は、海外で公開されている、カントージョウトホウエンシンオウ、イッシュ、カロス地方(第1世代から第6世代)で起こった出来事を新たな視点で描いた短編アニメーション作品

ポケモンジェネレーションズ

について書いていきたいと思います。

ポケ廃のみんなはこれを見ながら厳選・育成しよう!

 

ポケモンジェネレーションズとは?


ゲームを基準とした色んな視点の世界が描かれる4分ほどの映像作品となっている。物語の主人公を務めるのはゲーム主人公だけでなく、ライバルやボスなどのサブキャラ視点で話を進めるスピンオフ形式のエピソード等様々。全18話で配信は年末まで続くとのこと。 引用:ニコニコ大百科 ポケモンジェネレーションズより

 

少し前に放送された4部作アニメ『ポケットモンスター THE ORIGIN』に近いテイストのアニメとなっています。アニポケ(現在はポケットモンスターサンムーン)とは独立した世界観、ゲームに近い世界観となっています。しかし、今までは英語で話している動画しかありませんでした。そのため、英語が達者な人だけがわかるストーリ―でした。過去作をプレイしたことある人は、

『あ!この場面見たことある!懐かしいなぁ~』

と思いながらなんとか見れていたアニメです。

しかし、今回日本語版が配信されたことで、ストーリーを理解しながら楽しめるようになりました!なので、

『ストーリーおもしろいやんけ!お!懐かしい場面出てくるやん!』

と思えるようになり、楽しみが増加しました。

全18話とありますが、12月9日現在では、15話まで配信されています(海外版のみ)

日本語版は、6話まで配信されています。

 

エピソード1:冒険


www.youtube.com

エピソード1は、カントージョウトホウエンシンオウ、イッシュ、カロス地方の冒険をダイジェストした映像となっています。

それぞれの地方の準伝、伝説ポケモンたちが登場します。

主人公はゲームと同じく無口です(笑)

ピカチュウの声に違和感を感じる人も多いと思いますが、アニポケと声優が違います。

アニポケ:大谷育江

ポケジェネ:折笠富美子

となっています。

折笠富美子さんと言えば、アニポケ(XY)のカルネや、BLEACHルキア電脳コイルのヤサコの声をしていた人ですね。

 

エピソード2:追跡


www.youtube.com

ハンサム刑事が、ロケット団のボスであるサカキを追うというストーリーです。

メイン部分は、サカキの居場所がトキワジムと判明し、突入する場面です。

突入の際、ウィンディの火炎放射で壁を溶かしていますが、

『そんなドロドロの壁どうやって抜けるんや!』

って思いましたね(笑)

キャスト情報ですが、

ハンサム: 藤原啓治

サカキ: 大塚明夫

捜査官: 加瀬康之

となっています。

皆さん言わずと知れた有名声優ですね。

動画中や、キャストを見て『あれ?』と思いませんでしたか?

実は、アイアンマンコンビがいるんです!

藤原啓治はトニースターク、加瀬康之はJ.A.R.V.I.S.の声を当てているんです。

ハンサムの助手を務める捜査官の声がJ.A.R.V.I.S.…… これはわざとなのか?

 

エピソード3:挑戦


www.youtube.com

カントーのジムを制覇した、グリーンとレッドがポケモンリーグに挑戦する話となります。

ただ、レッドがバトルするシーンは1度もなく、グリーンのリーグ挑戦がメインとなります。

動画を見た感想ですが、

『なんなんこの四天王のかませ犬感……』

四天王は負けフラグ立て過ぎてやしませんか?ポケモンバトルの前に、フラグ立てない技術を身につけた方がいいと思うよ(上から目線)

そしてグリーンは、過去作最大級の自信家ですね。

ですが、最後の『ハハッ!』で笑っちゃいました。ミ○キーか!ってね(笑)

キャストですが、

グリーン: 福山潤 ワタル: 細谷佳正 カンナ: 折笠富美子 シバ: 星野貴紀 キクコ: 京田尚子

となっています。

エピソード4:いかりの湖


www.youtube.com

金銀における怒りの湖イベント、『赤いギャラドス怪電波事件』のストーリーとなります。

赤いギャラドスに異変を感じたワタルが怪電波の発生源であるロケット団残党のアジトに潜入するという話です。

ヒビキやアジト指揮官のラムダが登場していることから、リメイク版であるハートゴールドソウルシルバーを基準とした話ではないかと思われます。

 

いや~、ラムダの雑魚っぷりがいいですねぇ(笑)

てかカイリューが強すぎるのか?

ポケモン4匹に同時攻撃されてもビクともしてなかったし……

うーん、努力値ぶりはCDぶっぱなんかなぁ?

あと、装置から解放された時のマルマインのぽかーんとした顔がめっちゃ可愛いです(笑)

キャストですが、

ラムダ: 高木渉

となっています。

エピソード5:継承


www.youtube.com

ハンサムが出ていますが、メインはサカキとその息子の確執を描いたストーリーとなります。

エピソード2から3年経ってるみたいですね。

ほぼ会話パートで、ポケモンバトルはありません。

これ、英語版じゃ楽しめなかったですね。

一応見てはいたんですが、まったく解ってなかったです。

日本語版になったことで、初めて内容を理解しました。

やっぱり日本語版が配信されると嬉しい

キャストですが、

サカキの息子: 逢坂良太

ロケット団員: 芝崎典子

となっています。

 

エピソード6:再生


www.youtube.com

ミナキがスイクンを探してエンジュシティを訪れるところから話は始まります。

話の大部分は、焼けた塔ができるまで、3体のポケモン(スイクンエンテイライコウ)が生まれるまでとなります。(時代はおそらく江戸時代あたり)

ホウオウの超常の力で蘇った瞬間、人間に石を投げられるスイクンたちが可哀想です。

人間って最低ですね。

昔の人間は、元気の欠片とか塊とか使ってなかったんか?

それだって超常の力やぞ!

僕の大きな手でスイクンを癒してあげたい。

例え零度を覚えてなくても癒してあげよう。

キャストですが、

ミナキ: 土田大

となっています。

 

まとめ


懐かしさを感じながら、新たなストーリーとして、今までのストーリーの補完として見ることが出来るこのアニメ。

最高ですね!正直僕は、今のギャグ路線アニポケより好きです。

そういえば12月14日にボルケニオン&マギアナの映画がディスク化されるのでそれも楽しみですね!!

 

では。