現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

【2016年11月版】アナリティクスを使う初心者ブロガーは気を付けて!!アクセス元に『ɢoogle.com』ってスパムサイトが出てくる!!

f:id:sheepsystem:20170313194919j:plain どうもです。

今日ふと、Googleアナリティクスをみると、言語のところにこんなものが表示されてました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-879

『Secret.ɢoogle.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!』

とありました。

最初はなんやGoogleかと思っていたのですが、よく見たら違います。

Googleではなくてɢoogleなんです!!

Gが小文字サイズになっていますね。

調べたんですが、これはラテン文字で使われるスモールキャピタルってものらしいです。

しかも、なんやら最後の方に

『トランプに投票しろ!!』

ってありましたね。(笑)

でも僕のブログはアメリカからのアクセスはありません(笑)

他国の誰かが、国益を損なわせようとでもしているんですかね?(笑)

 

まぁそんなことは置いといて、気になったのでもう少し自分のアナリティクスを見ていると、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-880

ブラウザにもありました。

恐らくこっちがスパムの本命でしょうね。

ここにアクセスすると

『money.get.away.get.~~.com』

に繋がるらしいです。

 

確実にアナリティクス民をターゲットにしているスパムですね。

他にもスパムがあるみたいなので、その紹介と、対策を紹介します。

 

僕が受けたスパムはリファラ―スパムだった。


急激にアクセス数が増えたと思ったら、サイトが僕のHPのリンクを貼ってくれたからだった!

こうなると皆さんは、自分のリンクを貼ってくれたサイトが気になりますよね。

僕みたいな弱小底辺大学生ブロガーは非常に気になります。(笑)

そして、リンク先をクリックすると、

○+<≡≡≡3((((((BOMB))))))ε≡≡≡>+○

海外の通販サイトや運が悪ければもっと悪質なサイトに飛ばされます(;;)

 

そしてさらに、リンクを踏まなくても、

アナリティクスで正確なデータを見ることが出来なくなります(;  ;)

たまに、こういうデータがあります。


直帰率 100% ページセッション  1 セッション時間  00:00:00


直帰率やページセッションはまだ怪しいところはないですが、

セッション時間 00:00:00

なんじゃこれ~!!!

たまに、異様にセッション時間が短いなぁと思うときがありましたが、どうやらこれのせいだったみたいです。くそぅ

ビュー数の多い弱小ブロガーじゃなければあまり問題視しなくてもいいかもしれませんが、

ビュー数の少ないこのブログはかなりスパムの影響を受けてました……

こういったアナリティクス民を狙ったスパムがありますが、超初心者ブロガーの僕には全くその対策が出来ていませんでした。

おそらく、初心者ブロガーもそうだと思います。

なのでこの機会に対策しておきましょう。

スパムの対策方法


Googleが把握しているスパムの排除から説明していきます。

Googleが把握し、対策してからになるので、スパム設定が反映されるのが少し遅いですが、

一度設定してしまえば、後は触らなくていいのでこの設定は

必ずしておきましょう!!

 

まず、アナリティクスの管理画面にいきます。

そこにあるビュー設定をクリックしてください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-881

 

するとした画像と同じ画面が出てきます。

ここにあるボットのフィルタリングにチェックをつけて保存します。

bot%e3%81%82%e3%81%aa

以上です!!

かんたんでしょ。

とりあえずこれは設定しておきましょう。

 

つぎは、指定したドメインにフィルタをかける方法を説明します。

今回のɢoogle.comの対策はこれで行いましょう。

先ほどと同じようにアナリティクスの管理画面にいきます。

今回はフィルタをクリックしましょう。

%e3%81%b5%e3%81%83%e3%82%8b%e3%81%9f

次はフィルタを追加ボタンをクリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-884

するとこんな画面が出てきます。

ここで、

  1. フィルタ名に適当な名前を入れます。
  2. フィルタの種類の「カスタム」を選択。
  3. フィルタフィールドの「参照」を選択。
  4. フィルタパターンにスパムフィルタの残したドメインをコピペします。
  5. 保存をクリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-885

これで指定したドメインからの情報にフィルタがかかりました。

 

最後は、指定した言語にフィルタをかける設定です。

(not set)と書いてあるものはほとんどがスパムらしいので、フィルタをかけておきましょう。

 

先ほどと同じように管理画面のフィルタをクリックし、フィルタの作成をします。

ここで、

  1. フィルタ名に適当な名前を入れます。
  2. フィルタの種類の「カスタム」を選択。
  3. フィルターフィールドの「言語設定」を選択。
  4. フィルタパターンに『not set』を入力します。スペース必須です!!
  5. 保存をクリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-886

 

これで完了です。

 

まとめ


アナリティクスをターゲットにしたスパムは、データを不正確にしてしまう迷惑なやつです。

初心者ブロガーにとってはアナリティクスを見るのも楽しみですよね。

ビュー数が上がると喜びもあります。それなのに実は読まれてなかった!とかで後から落ち込むは嫌ですよね。

初心者ブロガーやまだ設定していなかった人は出来るだけ設定しておきましょう。