現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

音ってなんや!?音の定義って意外と知らないよね?


f:id:sheepsystem:20170304001048j:plain どうもです。

突然ですが、

皆さんは音を説明する時、なんて説明しますか?

『聴こえてくるやつ』『鳴ってるやつ』

僕は最初、こんな感じで説明していました( ̄∇ ̄*)ゞ(笑)

文字にして見るとなんか違うなって思いますよね。

 

小・中・高校で、音楽の授業があったと思います。

12年間も学校で音楽の勉強をしていたのにも関わらず、この程度しか知りません。

まず、教えてくれないし、教科書にも載っていないからです。

学校で教えられる音楽というのは、芸術での音楽のみであり、

音や、音響について全くと言っていいほど説明されていません。

人間にとって一番身近で、重要な音について何も勉強しないってどうなんですかね。

 

なので、このブログで音が何かを説明したいと思います。

 

では、音についてですが、

当たり前かもしれませんが、実はちゃんと定義があるんです。

音とはなにか?


日本工業標準調査会(JIS)の『JIS Z 8106』では、音響用語の定義をおこなっています。

そこでの音、又は音響の定義として

「音波(弾性波)またはそれによって起こされる聴覚的感覚。」

日本工業標準調査会 JIS Z 8106』

とされています。

ということは、

人間の耳に音波が到達し、それによって聴覚的感覚が引き起こされてようやく音になる

ということになるわけです。

 

例えばですが、

宇宙空間で巨大なロボット『モビル○ーツ』が破壊され爆発が起きました。

このとき音は存在したでしょうか。

存在しなかったんです。

なぜなら、宇宙空間では、空気や水のような、慣性と弾性を持つ媒質が存在しないので、音波(弾性波)は発生していません。

 

例えば、

誰も居ない部屋で花瓶が倒れ、割れました。

このとき音は存在したでしょうか。

存在しなかったんです。

だって誰の耳にも届かず、聴覚的感覚が引き起こされていないから。

 

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン…ムズカシイ……

 

さらに、

聴覚的感覚を引き起こさないので『超音波』は、音ではない

ということです。だって人間が知覚することが出来ない音なんですから。

 

( ̄ヘ ̄;)ウーン…ムズカシスギル……

 

まぁ世間では、音波のことを広義的な意味で『音』って言うことが多いので、知っておく必要があるか、と言われるとまぁなんとも言いにくいです。

ですが、定義としてはこうなっているということを知っておくと良いと思います。

まぁこれを知ってしまったせいで、宇宙が舞台のアニメや映画を見たときに、

『爆発音なんて聴こえるわけないやんo(´^`)o』

と思ってしまうこともあるので、ひねくれた感性を持ってしまわないように気を付けましょう