現代版羊システム

為になることならないことなんでも書いていく雑記です。

Bluetoothイヤホン、ヘッドホンのメリット・デメリット


f:id:sheepsystem:20170304002522j:plain どうもはじめまして!

今日はBluetoothイヤホン(ヘッドホン)のメリット・デメリットについて説明したいと思います!

僕は2年前まで有線のイヤホンを使っていました。

あるときSonyウォークマンを買い替えたときに、いいタイミングだと思いBluetooth対応のヘッドホン、SonyMDR-10RBTを購入しました。

 

 

そして、その1年後にもBluetooth対応のイヤホン QCYのQY12 を購入しました。

 

 

それがこちらです。

dsc_0477

外箱はこんな感じ

dsc_0479

中身はこんな感じです。

つまり現在は、ヘッドホンとイヤホン両方使っているわけです。

そんな僕がBluetoothイヤホンについて感じたことについて書きたいと思います。

Bluetoothイヤホンを使ってみようか迷ってる方の助けになればと思います。


Bluetoothとはなにか!?


Bluetooth搭載の商品が世に出て、もうかなりの年月が経ちました。

今では、携帯(スマホ)にも搭載されているし、気付けば僕らの身の回りにもあふれていますね。

bluetooth-670069_960_720

こんなロゴが表示される製品をよく見かけると思います!

こんなにも身近な存在になったBluetoothですが、それが何かを説明できますか?

意外とできないですよね(笑)

煽ってる訳じゃないですよ!! 実際、僕も説明できませんでした。(笑)

だからといって説明するためにBluetoothを勉強しろって訳じゃないです。

最低限の知識で十分です。

それさえあれば、僕みたいに購入直後に「Bluetoothって何?」って質問され、答えられなかったときの恥ずかしさを味わうこともないでしょう。(笑)

ではBluetooth一言で言います。

『短い距離の間で、電波を使い、音声や文字情報などの簡単な情報をやりとりする規格』

です。

大事なのは、『電波』『音声・文字』『短距離』

この3つです。

これでみなさんもBluetoothが何か分かったのではないかと思います。

では本題に入りたいと思います!


Bluetoothイヤホンのメリット


Bluetooth最大のメリット

それは……

線がない!!!!

この一言に尽きます。

それだけ?って思う方もいるかもしれませんが、線がないというだけですごく快適になります!

線がない利点がいくつかあります。 [no_toc]

1.コードが擦れた時に起きるタッチノイズがない!!

皆さんは、移動時、歩きながらイヤホンをつけることが多いと思います。

このとき、イヤホンを刺しているスマホやミュージックプレーヤーはズボンや上着などのポケットに入れていることが多いと思います。

すると線が服に擦れるたびに、ガサガサ、ゴソゴソと音がしちゃいますよね。

その嫌なノイズがなくなります。

2.移動中コードに触れてしまうことがない!!

移動中、コードが手に当たることがよくあると思います。

その時、耳からイヤフォンが取れたり、耳が引っ張られて痛い思いをすることがありますよね。

僕は手が大きいせいか、結構頻繁に取れてました。

あれ結構イライラしますよね(笑)

Bluetoothはコードがあっても首元周りぐらいまでしかないのでその心配がなくなります!

3.コードがぐちゃぐちゃになる心配がない!

イヤホンを鞄やポケットに入れておくと、取り出したときにコードが絡まっていることがありますよね。

そのときにも、少し不快になってしまいがちです。

それがなくなるだけでも、相当快適さが増します!!

これらが、Bluetoothのメリットとなります。


Bluetoothイヤホンのデメリット


Bluetoothのデメリットですが、意外と多いです。

しかし、メリットの効果の方が高いのであまり気にしない方がいいでしょう。

でも、知っておくべきではあると思うので、隠さず書きます。

1.充電は必須です!

Bluetoothイヤホンは充電が必須です!

有線と違い充電しないと使えません!

下の画像のヘッドホンのように、コードを接続できるタイプもありますが、イヤホンのものだと少ないです。

dsc_0481

充電が面倒に思う人には、少し辛いです。

また、充電が残り少なくなると、電波が弱くなるためか、通信が不安定になることがあります。

2.電波干渉があると音が途切れてしまう

これは電波である以上仕方ないです。

高級なものであれば、電波干渉対策などしているものが多いので、あまり影響はありません。

しかし、それでも電柱の直下などでは少し影響は出てしまいます。

僕の持っているQY12は、特にその影響を受けてしまい、聴けるレベルではなくなってしまうことも時々あります。

3.音質が有線より劣る

……といってもこれを判別できる耳を持っていなければ、このデメリットは無いと言ってもいいです。

実際、音楽音響を勉強している僕でも、あまり判別できません。むしろ音源を良いものにするほうが音質が上がっているとわかりやすいです。

例:MP3→FLAC

僕は今まで圧縮度の高いフォーマットのMP3で聞いていたものをほぼ圧縮しないふぉーまっとであるFLACに変えただけで、音質上昇の効果を実感できました。

4.接続が少し面倒

有線の場合、イヤホンジャックに刺すだけでよかったのですが、Bluetoothの場合、

イヤホンを接続待機状態にする→スマホ側の接続画面を開いて接続を開始する→接続完了

になります。

これが若干の面倒になります。

NFC搭載機器同士であればタッチするだけで接続できるのですが、NFCについては、次回の記事で書きたいと思います。

NFCの記事内で、Bluetoothの接続についても書きたいと思います。


Bluetoothを買うべきか


よほどの面倒くさがりでなければ、

買うべきです!!

快適さがグンっと上がります!!

僕はBluetoothを購入してから、イヤホンをつけて移動することが多くなりました。

あほみたいに長時間イヤホンつけてます。(笑)

それほど快適です。

みなさんも、一度は購入してその快適さを味わってみてはいかがですか?

では。